最新更新日:2024年07月25日

無料で資料をもらいましょう!

看護・医療留学

看護・医療留学のプラン情報を国内外の留学会社から厳選して掲載しています。ゆっくりご覧ください。
 
▼詳しい見積り、資料のお取り寄せはすべて無料です。

このカテゴリのすべてのプランをクリップする▼

イギリスボランティア/インターン留学[BI023]

これまで難しかったイギリスでのボランティア/インターン(無給)が、登録ボランティア団体において30日間まで可能です。
【場所】 イギリス ロンドン/ロンドン近郊
【費用】 50万円~
【期間】 最低2週間の語学留学+30日間のボランティア団体でのボランティア/インターン
【開始時期】 祝日、ホリディ以外の月曜日
【滞在方法】 ホームステイ

6か月未満まで滞在出来る観光ビザで可能ですので、ビザ申請の必要もございません。

イギリスにはOxfamを始め世界的に有名なボランティア団体が沢山ありますが、そこでの業務に携わって頂けます。

ボランティア団体一例
Oxfam、London brough of culture、Royal Palaces、British Heart Foundation、Kew
garden等

最初の数週間から数か月語学学校で学び、その後ボランティア団体での販売補助やイベントの手伝いのインターンに携わることができます。

英語力が中級以上(IELTS5.0~5.5程度)の方は、ご経験も考慮した上で、デジタルマーケティング、美術館、博物館アシスタント、IT、ヘルスケア、オフィスワーク、劇場サポート、アニマルケア、コミュニティースポーツチームのサポート等のスペシャルセクターインターンに携わることが出来ます。

【女子にお勧め】 短期の場合住まい探しが大変ですが、ボランティア中の住まいについては、語学学校のホームステイを利用できますので安心です。

【費用に含まれるもの】 週15時間一般英語コース、登録費、朝夕2食付き個室ホームステイ、 空港片道送迎代、ボランティア団体アレンジ代、留学手配費、国際送金手数 料。 ※スペシャルセクターでのアレンジをご希望の場合は上記に+4万円(税別) ※夏季、クリスマスシーズン、年末のホームステイ割り増し料金、夜10時から朝5時までに到着の飛行機をご利用の場合、飛行機の到着が遅れた場合は1時間毎に割増料金が掛かります。
【上記費用のほか必要なもの】 往復の航空券、海外保険料、昼食代、ホームステイ先から学校、ボランティア/インターン先への移動交通費、帰りの空港までの交通費、お小遣い。
【留学提供会社】 once-in-a-lifetime
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。
 

正看護師の方限定!1年で大卒資格が取れるイギリスの看護大学留学 [BI005]

ナイチンゲールの国イギリスなら短期で大卒資格が取れます!ポンド安で実は経済的な費用で留学出来ます。
【場所】 イギリス ロンドン近郊他
【費用】 授業料:約250万円~ 
【期間】 1年
【開始時期】 9月、1月
【滞在方法】 寮、シェアハウス

近年の看護師の人材需要の高まりから、海外からのナースを受け入れる動きもあります。今後の競争を予想し、大卒のナースが評価されつつある中、ご自身の今後のキャリアアップの為、海外の大学留学をご検討の方が増えております。

社会福祉の先進国として世界中から注目を集め、模範とする国も多いイギリスは看護を学ぶ上で最適と言えます。他の国ではなかなか長い道のりだったり、現地の看護師さえ職にあぶれていたりする様ですが、イギリスでは最短で1年で大卒資格が取れ、条件さえ揃えばイギリスの正看護師として登録、働くことも出来ます。

日本に帰国される場合も、海外大卒ナースとしてキャリアアップは勿論、看護学校の講師、海外からのナース受け入れの場合の指導者としてのご活躍も期待出来ます。

【女子にお勧め】 正看護師資格をお持ちの方限定、看護師としての今後のキャリアアップをご検討の方にお勧めです。
★体験者の一言★
「正直 前回の留学から8年近く英語から離れていた事、アイエルツがあとちょっという事もあり、英語の準備コースを5週間講習を受け、晴れて希望のインターナショナルナーシングコースへ入学する事が出来ました。 最初の英語コースは不安でいっぱいでしたがチューターの先生方が皆優しく、分からないところがあれば気軽に質問出来、分かるまで指導してくれるなど手厚く指導してくださいました。 念願のインターナショナルナーシングコースは、最初の1年は公衆衛生学部の生徒に混じって公衆衛生学を、学んでいます。 イギリスでの公衆衛生学のコースにはアフリカ系の学生が多く、クラスメイトのほとんどがそうです。 最初は圧倒されましたが、みな明るく優しく頼れるクラスメイトばかり!授業の後に一緒に大学の図書館へ行き、勉強したりとお話ししたりと大学生活エンジョイしています。 留学生を多く受け入れているため、留学生へのイベント参加を呼びかけてくれたり、大学生活や勉強の仕方などのサポートも充実しています。 日本からの留学生が比較的少ないため、英語漬けになりたいならここの大学はオススメです。 K様」

【費用に含まれるもの】 授業料、留学手配料。
【上記費用のほか必要なもの】 寮費、生活費、航空券、通学定期代(寮が大学から遠い場合のみ)お小遣い、イギリスビザ申請代、イギリスの国民保険加入料、ビザ申請サポート代(3万円+消費税)
【留学提供会社】 once-in-a-lifetime
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。
 

【医療インターンシップ】発展途上国の医療現場での実務経験を得よう [BB005]

発展途上国の医療現場をこの目で見て学ぶ医学留学 医療分野を学習中の学生から医師、看護師、理学療法士など医療関係者まで可
【場所】 アジア、アフリカ、中南米、南太平洋の国々 各国による
【費用】 1週間¥189,500~ 参加期間、活動国による
【期間】 1週間~48週間 ※希望に合わせて選択できます。
【開始時期】 通年 ※自分の都合に合わせて開始日を設定できます。
【滞在方法】 ホームステイ/ボランティア寮

医療留学のプロジェクトは、アジア、アフリカ、中南米、南太平洋を中心とする世界20ヶ国以上の発展途上国で提供しています。参加者は欧米を中心とする世界各国から来る医学生や医学の道を検討中の大学生及び高校生、プロの医師や看護師などです。活動内容は参加者の学習レベルや今までの経験、派遣先によりますが、発展途上国における治療法を視察し、日本とは異なる社会環境におけるヘルスケアを深く理解する機会があります。

このプロジェクトは、以下のような方にとって最適なプログラム構成内容となっております。

◆発展途上国の医療現場に興味がある、経験を積みたい
◆将来途上国において医療面で活躍したいという夢がある
◆国際社会に貢献できる人材になりたい
◆医療面で国際協力の道へ進むことを検討している
◆現在医学生、看護学生、医学の道を検討中である

実際に活動する分野は、一般医療、看護、助産、歯学、理学療法、作業療法、スピーチセラピー、麻酔科、HIV/エイズ感染科、小児科、産婦人科、外科、婦人科、耳鼻咽喉科などたくさんの専門科から選択していただけます。

参加期間中は一人で活動するのではなく、世界各国から集まる仲間と一緒です。いろいろなバックグラウンドを持つ人と交流する機会があるのも魅力の一つ。参加者の大半は欧米出身の人たちなので、各国の医療事情も聴けるはずです。

プロジェクトアブロードはボランティアの皆さんが安心して活動できるよう、各活動国にプロジェクトアブロードの事務所を置き、現地でもフルタイムで働くスタッフが参加者の皆さんをサポートしています。

※最新の活動情報などにつき、弊社ホームページもご確認ください。

【女子にお勧め】 基本視察ベースですが、積極的に活動に参加し、現地の医療スタッフとの人間関係をうまく築くことができれば活動の範囲を広げていくことができます。すべてはアナタ次第!そこには日本では得られない体験がたくさんあるはずです。
★体験者の一言★
「私の派遣先はアルーシャ郊外の病院でした。欧米人の看護資格のあるボランティアは即戦力として働いていました。しかし私は英語もスワヒリ語も全く出来ないので、派遣初日に婦長さんが頭を抱えていました。私もいきなり語学の壁にぶち当たったことに少しショックでした。病棟では無理だということで、小手術室で働くことになりました。小手術室では骨折の患者さんのギプスを巻く介助や局所麻酔の小さい手術、交通事故で運ばれてきた患者さんの救急処置などをやらせてもらいました。Dr.やNs.の後をくっ付いて回って自分から手を出して仕事をするうちに、徐々にスタッフにも信頼してもらえるようになりました。局所手術の介助などに、「手伝ってよ」と声を掛けてもらったり、抜糸やギプスカットの仕方なども教えてもらいました。小手術室の仕事がとても楽しくて、英会話など用事が無い日は6時過ぎまで病院に残ったり、休みの日も仕事をしたりしていました。」

【費用に含まれるもの】 ・現地滞在費 ・食費 ・海外保険 ・空港送迎 ・渡航前・渡航後のサポート ・滞在中における現地スタッフからのサポートなど
【上記費用のほか必要なもの】 ・往復航空券 ・ビザ申請費用 ・予防接種 ・現地で観光される際に必要な費用など
【留学提供会社】 Projects Abroad (プロジェクトアブロード)
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。
 

【医療ボランティア】医療サービスの届かない人々へのアプローチ 公衆衛生プロジェクト [BB012]

医療機関へのアクセスに乏しい地域において、医療サービスを受けられない人々に医療サービスを提供
【場所】 ガーナ、カンボジア、スリランカ、フィリピン、ベリーズ、マダガスカル ドドワ、Koh Dach島(プノンペン)、コロンボ、ボゴシティ、サン・ぺドロ
【費用】 1週間 ¥217,000~ 参加期間、活動国による
【期間】 1週間~48週間 ※希望に合わせて選択できます。
【開始時期】 通年 ※自分の都合に合わせて開始日を設定できます。
【滞在方法】 ホームステイまたはボランティア寮

プロジェクトアブロードの医療&ヘルスケアプロジェクトにおいて病院内での現場見学よりも公衆衛生の分野に特化させて活動したい方には、こちらの公衆衛生プロジェクトがお勧めです。

公衆衛生プロジェクトの参加者は、学校、教会、田舎の村々、コミュニティセンターなど普段は医療サービスを受けることができない田舎の地域の人々や貧しい人々のために地域コミュニティに出掛けて行って活動します。日本では決して見ることのない医療サービスが行き届いていない発展途上国の現状を目の当たりにするかもしれません。

ボランティアの皆さんは現地の専門家と一緒に活動しますので何か質問等があったら積極的に聞いてみるようにしましょう。どんな活動にも熱意をもって積極的に取り組む姿勢が求められます。現地のスタッフといい関係が築くことができ信頼を得ることができれば、その分自分の活動の範囲も広がるはずです。仕事はあくまでも与えられるものではありませんので自らできることをアピールして取り組むことが大切です。

参加期間中は一人で活動するのではなく、世界各国から集まる仲間と一緒です。いろいろなバックグラウンドを持つ人と交流する機会があるのも魅力の一つ。参加者の大半は欧米出身の人たちなので、各国の医療事情も聴けるはずです。

プロジェクトアブロードはボランティアの皆さんが安心して活動できるよう、各活動国にプロジェクトアブロードの事務所を置き、現地でもフルタイムで働くスタッフが参加者の皆さんをサポートしています。

※最新の活動情報などにつき、弊社ホームページもご確認ください。

【女子にお勧め】 これまで培った医療技術や知識を活かして実際に医療サービスを受けられない人のために手を動かして活動したい!という人にピッタリなプロジェクト。現地医師、看護師の下活動するので参加にあたり資格は不要です。
★体験者の一言★
「ある日は、血圧やBMI・血糖値・B型肝炎にかかっていないか等を調べる器具を準備し、私たちがそれらの項目を測定しました。紙に結果を記載し、年齢や体重・身長なども加味した上で、看護師さんが一人一人に気を付けることなどアドバイスをしてあげます。午前中の約3時間で約50人もの方が来られて、病院に行く機会が無いけれども健康に関心はある、という方は多いのだと感じました。 別の日には、ある小学校の敷地内で、赤ちゃんの予防接種がきちんと行われているかチェックしました。お母さんが母子手帳を手に、赤ちゃんを連れてきて列を作ります。まず体重を測定し、増減の状態を母子手帳に記入します。生後何ヶ月であるのかを聞き、必要な予防接種が済んでいなければ、その予防接種を現地スタッフが赤ちゃんにしてあげるのです。私たちは赤ちゃんの名前や住所やワクチン歴を、大きな記録帳にどんどん記載していきます。母子手帳の英語のスペルが読みにくく、記載も難しく忙しかったです。注射された赤ちゃん達はギャア~と大泣き、この点はガーナでも日本と同じ光景です。 今回は公衆衛生のプロジェクトに参加させて頂き、日本では経験できないことだらけでした。ずっと日本でいるとそれが当たり前に感じ、外国の様子を想像する機会はあまりありませんが、やはり国それぞれの特徴があることを実感しました。もちろん日本に住んでいる限りは日本の当たり前に倣って生活しないといけませんが、地球は広くてたくさんの国があって、様々な文化・環境など自分の知らないことが山ほどあります。今後もできるだけ一つの形にとらわれず、広い視野を持って日々を過ごしていきたいと思います。」

【費用に含まれるもの】 ・現地滞在費 ・食費 ・海外保険 ・空港送迎 ・渡航前・渡航後のサポート ・滞在中における現地スタッフからのサポートなど
【上記費用のほか必要なもの】 ・往復航空券 ・ビザ申請費用 ・予防接種 ・現地で観光される際に必要な費用など
【留学提供会社】 Projects Abroad (プロジェクトアブロード)
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。
 

【看護師・医師】医療英語 ディプロマ取得コース[B053]

短期間で専門的な医療英語のディプロマが取得できます。 看護師さん、医療業界を目指す学生さんのスキルアップ留学に最適です!
【場所】 カナダ バンクーバー
【費用】 【3ヶ月間】CAN$3,960-(336,600円) 【1ヶ月間】CAN$1,380-(117,300円) ※CA$1=85円 の場合
【期間】 【ディプロマ】12週間(27時間/週) 【サーティフィケイト】4週間(27時間/週)
【開始時期】 毎月入学可能 詳細はお問合せ下さい。 ※とても人気の高いプログラムです!早めの入学申請が必要です。
【滞在方法】 ホームステイ・フラットシェア等

医療英語を上達させたい看護師、医師、学生を対象とした集中プログラムです。
医療を専門とする人のために作られたこのプログラムでは、医療現場での患者や他の医療スタッフと効率的なコミュニケーションに必要な医療専門用語、リスニング力、スピーキング力の向上をはかります。
ディプロマコース(12週間)は3つのサーティフィケイトコース(4週間)で構成されています。
各サーティフィケートコースでは、学生は医療ケーススタディを研究し、患者の状態を記述する事で、実践で必要な新しい専門用語を学びます。
学生の就職経験により、目的や必要性に合わせたロールプレイの機会が含まれています。
【プログラム概要】
■サーティフィケイト1(4週間) 
(女性生殖器系/男性生殖器系/泌尿器系/筋肉/骨格/検査結果を患者に伝える/薬学と薬剤師/血液循環)
■サーティフィケイト2(4週間)
(緊急医療/緊急治療室・ER/神経系/呼吸器系/シンパ系/手術前・手術後/薬剤学/腫瘍学/苦痛緩和治療)
■サーティフィケイト3(4週間)
(耳と目/皮膚/職業と理学療法/疼痛処理/エンドルフィンシステム/コミュニティヘルスケア/精神科医療)

上記3つのサーティフィケイトを修了する事で、医療英語ディプロマが取得できます。

ディプロマ取得後は提携校の現地医療カレッジを卒業する事で現地就職の可能性あり。

【受講条件】
目安:TOEIC625点以上
上記条件に満たない方も事前に一般英語コースと組み合わせることで計画的に受講が可能。
詳細はお問合せ下さい!

【女子にお勧め】 ワーキングホリデービザの方にもお勧めです! 帰国後のキャリアアップ、履歴書にも!
★体験者の一言★
「クラスメイトのほとんどが、現役で医療に携わる方や、医療関係の学生さんばかりでした。帰国後も英語で連絡を取り合っています。世界に友人が出来ました!」

【費用に含まれるもの】 授業料
【上記費用のほか必要なもの】 航空券代金、生活費、留学保険代金、交通費
【留学提供会社】 アフィニティ
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。
 

お探しのプランはありましたか?

もし見つからなかったなら
女子Ryuの姉妹サイト『留学プレス』で
あなたの希望を好きなだけ入力してください。
対応可能な国内外の留学会社から
資料が届きます。

クリップ一覧を見る