最新更新日:2022年09月26日

無料で資料をもらいましょう!

【コロナ関連ニュース】留学可能な国&入国緩和情報(9月27日更新)

コロナ防止の入国制限・留学生受け入れ再開
 
新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う入国制限と新規の留学生受け入れ再開情報をまとめました。(ビザを既に持っていて一時帰国された方を対象にした情報ではありません。)
 
当サイトではできるだけ迅速な情報収集に努めていますが、最新情報ならびに詳細については、各国大使館ならびに移民局ホームページをご覧ください。
 

▼情報掲載中の国
アメリカ合衆国 イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド フィリピン マレーシア UAE 中国 韓国 マルタ ドイツ フランス イタリア スペイン アイルランド シンガポール 台湾 スイス フィンランド 南アフリカ共和国 フィジー 「検査もワクチンも不要」の完全再開国一覧 

 

アメリカ合衆国

アメリカ留学は全面的に可能です。下記の準備が必要です。ワクチン接種証明書があれば、陰性証明書の提出は不要です。
 
在米日本大使館
 


 

イギリス

イギリス留学は全面的にオープンしています。3月18日からワクチン接種・未接種に関わらず、渡航前や到着時の検査不要で入国できます。
 


 

カナダ

カナダ留学は短期留学・長期留学・ワーキングホリデーが再開しています。10/1からはワクチン証明、出発前検査不要、カナダ入国時の検査義務や隔離もありません。
 
カナダ政府:Update on travel restriction exemptions for international students
 


 

オーストラリア

オーストラリアはワクチン接種を完了している留学生・ワーキングホリデーの受け入れを再開しています。ワクチン接種証明も検査も不要となり、2019年以前と同じように入国できます。
 
Study Australia
 


 

ニュージーランド

入国にはワクチン接種証明も検査も不要です。New Zealand Traveller Declarationを記入するほかは2019年以前と同じように入国できます。
 
なお、希望者は到着時に無料の抗原検査を受けることができます(推奨)。
 
New Zealand Immigration:Student visa COVID-19 information
 


 

フィリピン

フィリピンはワクチン接種を条件に入国が可能です。現地では順次語学学校が再開しています。
 
入国に必要なものは次のとおりです。
 
・ワクチン接種証明書(18歳以上は3回、12-17歳は2回)
・ワクチン証明書があれば事前検査は免除
・到着後の隔離は任意(到着日から7日間の監視を推奨)
 
駐日フィリピン大使館
 


 

マレーシア

ワクチン接種者に関しては次の準備があれば滞在目的に関わらず入国できます。
 
・渡航7日前までに「MySejahteraアプリ」入力
・ワクチン接種証明書
・検査なし
・隔離なし
 
ワクチン接種未完了者は隔離・検査等の条件が異なります。
 
駐日マレーシア大使館
 


 

UAE(ドバイ)

全面的に入国が可能です。出発前72時間以内に受診したPCR検査の陰性証明書を携行する必要があります。
 
在アラブ首長国連邦日本国大使館
 


 

中国

6か月以上の長期留学用の学生ビザ(X1ビザ)発行が再開されました。申請にはワクチン接種証明書が必要です。入国後は10日間の指定施設での隔離があります。
駐日中国大使館ホームページ
 

韓国

短期留学・長期留学・ワーキングホリデーともに再開しています。ワクチン接種の有無にかかわらず、隔離はありません。
 
10月までビザなし渡航も可能です。到着後1日以内のPCR検査が必要です。
  
駐日韓国大使館
 


 

マルタ

マルタ留学が全面的に可能です。ワクチン接種・検査証明ともに不要です。
   


 

ドイツ

留学は全面的に可能です。ワクチン接種、陰性証明の提示義務はありません。
  
在ドイツ日本大使館
 


 

フランス

日本からフランスへの留学が全面的に可能です。ワーキングホリデーのみまだ再開していません。ワクチン接種・陰性証明ともに入国には必要ありません。
 
在日フランス大使館
 


 

イタリア

日本からの渡航が全面的に可能です。ワクチン接種、陰性証明の提示義務はありません。
  
駐日イタリア大使館
 


 

スペイン

スペインへの留学が可能です。以下のいずれかが必要です。なお、ワクチン接種証明書については近々不要になるとの見通しをスペインの観光大臣が表明していますので続報が入り次第お伝えします。
 
・ワクチン接種証明書
・出発前72時間以内のPCR検査証明書、または出発前24時間以内の迅速抗原検査証明書
 
駐日スペイン大使館
 


 

アイルランド

留学、ワーキングホリデーともに全面再開しています。
ワクチン接種証明書、新型コロナウイルス感染症からの回復証明書、PCR検査の陰性証明書の提示は不要です。
入国後の検査や隔離措置もありません。
 
Update on International Travel
駐日アイルランド大使館
  


 

シンガポール

全面的に入国可能です。
 
・ワクチン接種証明書(短期滞在に限り未接種者は出発2日以内の陰性証明で入国可)
・出発時・入国後の検査は不要
・隔離無し
   
Entering Singapore
 


 

台湾

台湾の大学・大学院正規留学・ワーキングホリデーのビザ受付が再開されています。語学研修(語学学校)のビザについては台湾教育部の入国許可リストに記載のある学生を対象にビザ申請受付可能です。
 
入国には以下の要件があります。
 
・出発便への搭乗日を含まない2日以内に検査したPCR検査陰性証明書の提出
・入国時PCR検査
・3日間の隔離
・3日間の隔離後4日間の自主防疫(自主防疫期間中は不要な外出は禁止。しかし外出2日以内の家庭用簡易検査キット陰性であれば仕事や生活必需品の購入が認められる)
・自主防疫期間を終えて最初に外出する際の抗原検査
 


 
正規留学生の留学ビザについて
日本人の台湾へのワーキング・ホリデー査証申請要項
 

スイス

一切の入国規制はなくなり、入国基準はコロナ以前と同じです。
 


 

フィンランド

 
ワクチン接種証明も検査証明も不要、2019年時点と同じように入国できます。
 


 

南アフリカ共和国

 
日本からの渡航が可能です。入国規制はありません。
 


 

フィジー

ワクチン接種証明書と海外医療保険(新型コロナウイルス感染時の費用を補償する保険に渡航前に加入していること)で入国ができます。
 


 
  

やってみたい留学は見つかりましたか?

もし見つからなかったなら、女子Ryuの姉妹サイト『留学プレス』でお探しします。
 
あなたの希望を好きなだけ入力してください。
対応可能な国内外の留学会社から、最新の留学資料が届きます。