最新更新日:2023年02月07日

無料で資料をもらいましょう!

【コロナ関連ニュース】留学可能な国&入国緩和情報(2月7日更新)

コロナ防止の入国制限・留学生受け入れ再開
 
新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う入国制限と新規の留学生受け入れ再開情報をまとめました。多くの国で留学を再開しており、準備さえしっかり整えれば留学への障壁はなくなっています。一切の入国条件がなく、コロナ禍前と同じように入国できる国は154か国(2022年12月29日現在)にのぼっています。
 
当サイトではできるだけ迅速な情報収集に努めていますが、最新情報ならびに詳細については、各国大使館ならびに移民局ホームページをご覧ください。
 

▼情報掲載中の国
アメリカ合衆国 イギリス カナダ オーストラリア ニュージーランド フィリピン マレーシア UAE 中国 韓国 マルタ ドイツ フランス イタリア スペイン アイルランド シンガポール 台湾 スイス フィンランド 南アフリカ共和国 フィジー 「検査もワクチンも不要」の完全再開国一覧 

 

アメリカ合衆国

アメリカ留学は全面的に可能です。下記の準備が必要です。ワクチン接種証明書があれば、陰性証明書の提出は不要です。
 
在米日本大使館
 


 

イギリス

イギリス留学は全面的にオープンしています。3月18日からワクチン接種・未接種に関わらず、渡航前や到着時の検査不要で入国できます。
 


 

カナダ

カナダ留学は短期留学・長期留学・ワーキングホリデーが再開しています。ワクチン証明、出発前検査不要、カナダ入国時の検査義務や隔離もありません。
 
カナダ政府:Update on travel restriction exemptions for international students
 


 

オーストラリア

オーストラリアはワクチン接種を完了している留学生・ワーキングホリデーの受け入れを再開しています。ワクチン接種証明も検査も不要となり、2019年以前と同じように入国できます。
 
Study Australia
 


 

ニュージーランド

入国にはワクチン接種証明も検査も不要です。New Zealand Traveller Declarationを記入するほかは2019年以前と同じように入国できます。
 
なお、希望者は到着時に無料の抗原検査を受けることができます(推奨)。
 
New Zealand Immigration:Student visa COVID-19 information
 


 

フィリピン

フィリピンへの入国が可能です。入国に必要なものは次のとおりです。
 
・ワクチン接種証明書(18歳以上は3回、12-17歳は2回)
・ワクチン未接種の場合は出発前24時間以内または到着後の抗原検査
 
駐日フィリピン大使館
 


 

マレーシア

マレーシアへの入国が可能です。検査・隔離なしで入国できます。

入国7日前に「MySejahtera」アプリをダウンロードしてアクティベートしておく必要があります。入国時はランダムにアプリの提示が求められます。
 
駐日マレーシア大使館
 


 

UAE(ドバイ)

全面的に入国が可能です。ワクチン証明書・陰性証明書ともに不要です。
 
在アラブ首長国連邦日本国大使館
 


 

中国

X1・X2ビザ(長期留学・短期留学)の申請が可能です。観光ビザ、短期滞在(15日以内)のビザ免除措置は一時停止中です。ビザの申請には、新型コロナウイルスワクチン接種証明書が必要です。搭乗前48時間以内のPCR検査の上で検査結果をあらかじめ中国税関に申告する必要があります。
在中国日本大使館ホームページ
 

韓国

短期留学・長期留学・ワーキングホリデーともに再開しています。ワクチン接種の有無にかかわらず、隔離はありません。ビザなし渡航も可能です。
  
駐日韓国大使館
 


 

マルタ

マルタ留学が全面的に可能です。ワクチン接種・検査証明ともに不要です。
   


 

ドイツ

留学は全面的に可能です。ワクチン接種、陰性証明の提示義務はありません。
  
在ドイツ日本大使館
 


 

フランス

日本からフランスへの留学・ワーキングホリデーが全面的に可能です。ワクチン接種・陰性証明ともに入国には必要ありません。
 
在日フランス大使館
 


 

イタリア

日本からの渡航が全面的に可能です。ワクチン接種、陰性証明の提示義務はありません。
  
駐日イタリア大使館
 


 

スペイン

スペインへの入国が全面的に可能です。ワクチン接種証明書・陰性証明書の提出は必要ありません。
 
駐日スペイン大使館
 


 

アイルランド

留学、ワーキングホリデーともに全面再開しています。ワクチン接種、陰性証明の提示義務はありません。
 
Update on International Travel
駐日アイルランド大使館
  


 

シンガポール

全面的に入国可能です。
 
・ワクチン接種証明書(短期滞在に限り未接種者は出発2日以内の陰性証明で入国可)
・出発時・入国後の検査は不要
・隔離無し
   
Entering Singapore
 


 

台湾

台湾への入国が可能です。入境翌日から7日間が「自主防疫期間」となり、この間に健康異常がなければ公共交通機関を利用することができます。
 
入国時に4回分の抗原検査キットが配布されますので、0日目(入境日)か1日目に1回目、外出時、2日間以内に自主検査を行い、陰性であれば外出が可能になります。
 


 
正規留学生の留学ビザについて
日本人の台湾へのワーキング・ホリデー査証申請要項
 

スイス

一切の入国規制はなくなり、入国基準はコロナ以前と同じです。
 


 

フィンランド

 
ワクチン接種証明も検査証明も不要、2019年時点と同じように入国できます。
 


 

南アフリカ共和国

 
日本からの渡航が可能です。入国規制はありません。
 


 

フィジー

ワクチン接種証明書と海外医療保険(新型コロナウイルス感染時の費用を補償する保険に渡航前に加入していること)で入国ができます。
 


 
  

やってみたい留学は見つかりましたか?

もし見つからなかったなら、女子Ryuの姉妹サイト『留学プレス』でお探しします。
 
あなたの希望を好きなだけ入力してください。
対応可能な国内外の留学会社から、最新の留学資料が届きます。