最新更新日:2024年05月17日

無料で資料をもらいましょう!

【休学留学|ギャップイヤー】世界の常識ギャップイヤー留学[SS107]

イギリスで誕生したもので高校卒業後から入学や入社の間に自分のやりたいことを見つけ、実現させる期間のことを言います。
【場所】 アメリカ、イギリス、南アフリカ、カナダ、など オーストラリア、ニュージーランドも可能
【費用】 ギャップイヤーは6か月以上が通常。バンクーバーアイランドでは130万円から(滞在費、コース費用、食費含む)
【期間】 6か月から1年
【開始時期】 通常は6月開始。1月、4月、6月、9月の開始時期が多い。
【滞在方法】 ホームステイ、寮など
帰国後の就職準備に有利
大学生の場合、学年後半のタイミングで留学される場合が一般的ですが、帰国後に就職活動に遅れを取ることを心配する方も多くいらっしゃいます。6月に出発した場合多くの会社のリクルート期間に間に合うため、より余裕を持った就職活動が望めます。留学期間に培った言語力を披露するには6月出発がベストタイミングと言えるでしょう。

海外では6月出発が当たり前
日本と多くの欧米大学の違いは、その入学時期にあります。日本とは異なり9月入学が一般的である欧米の教育制度では、多くの生徒が6月にギャップイヤーを取りその後の大学入学に備えます。その為将来、海外大学進学をご検討中の方は入学準備を考慮して6月の出発をおすすめしております。
【女子にお勧め】 コロナ渦で今の学習環境に満足できていない人は、休学をして新たな挑戦をするのも一つの選択肢ではないでしょうか??

【費用に含まれるもの】 留学コース費用、滞在費、食費(2食)、WIFI接続
【上記費用のほか必要なもの】 現地までの航空券、現地のおこづかい、通信費
【留学提供会社】 海外留学のEF
このプランの詳しい資料を、
留学提供会社から 【無料】 で差し上げます。