最新更新日:2017年04月30日

無料で資料をもらいましょう!

女子が留学に適している理由、それは・・・?

「女子Ryu」では女性が非常に留学に適していると考えています。

勉強するのに男女差はない、結果は個人次第だ、というご意見はごもっともです。しかし、脳科学や心理学をヒモ解くと「女性が留学に向いている可能性」のヒントが見えてきます。

 

 

☆女性は言語能力が優れている?

 

こどもの成長過程では、平均的に女の子が早く言葉を話すようになります。これは左脳が女の子のほうが発達しているためで、左脳が言語機能を持つからだと言われています。このため、外国語の習得スピードは、女性のほうが早いとも。

 

☆女性はストレスに強い?

 

ある恋愛サイトのアンケートでは、失恋をすると、女性は「泣く」「友達にぐちを言う」という行動に出て、男性は「ヤケ酒を飲む」ことが多いという結果が出ました。

女性は泣いたり友達に聞いてもらうことで外へ向けて自分の気持ちを発散させます。これは心理学的には非常に効果のあるストレス解消方法なのだとか。心理カウンセラーが患者に接するとき聞き役に徹するのも、患者に思いを吐き出させ、整理させることにあるのだそうです。女性は無意識のうちに、外への吐露という形でストレス発散を上手に行っているのです。

 

また、女性は妊娠します。

そのために身の安全を確保する能力が生まれつき男性より強いと言われています。

妊娠のためにはホルモンが月単位で分泌される必要があります。その結果女性には月経周期があります。この周期があるおかげで不慮の事態に柔軟に対応できる能力が備わっているという考え方です。

 

さらに、脳梁の機能にも違いがあります。

女性は右脳と左脳を脳梁の働きでバランスよく切り替える特徴があるそうです。この切り替え能力のおかげで生命力が強く、自殺者が男性に比べて少ないといわれています。

 

 

☆女性は広い視野で考える?

 

カリフォルニア大学の研究で、女性は男性よりも脳全体を効率よく使う特徴があることがわかっています。左右の脳を使えることが、広い思考につながるということです。女性の考え方が「現実的」だと言われる一因とも言われています。一方、男性は脳の特定部分を重点的に使うため、専門性の高い分野や、一つのことに集中して取り組む能力に長けています。

 

 

☆女性はコミュニケーションを重視する?

 

「幸福感」に関する調査では男性が「お金がある」ことを上位に挙げている一方、女性は「友達や子供、同僚などとの人間関係」を上位に挙げています(2008年4月ニールセン調べ)。

人同士のコミュニケーションが大きなカギを握る留学では、コミュニケーションによって幸せを感じられることは有利と考えられます。

 

 

さあ、あなたはどう考えますか?

脳科学や心理学では解明できないことがたくさんあり、必ずしも上記の意見は確証のあるものばかりではありません。あくまでも「女子Ryu」の私見にすぎません。それでも、「なるほど!」と思われたところは数々あるのではないですか?

 

留学には本来、「向き・不向き」などないのかもしれません。

しかし、「思い込み」は時にあなたの素晴らしいパワーになってくれます。「自分は留学に適しているんだ」という「思い込み」こそ、あなたを留学中の多くのピンチから救うのではないでしょうか。